薄毛で悩む女性が国内600万人を突破!?

薄毛の悩みといえば、中年サラリーマンの悩みだというのは、一昔前の話。
今では、10代20代の若い男性も薄毛で悩んでいる方は少なくありませんし、テレビに出演されている方の中にも「あれ!?この人ちょっと怪しいんじゃないの?」と思う人もいますよね。

実は、このように男の悩みだと思われがちな薄毛ですが、今では女性でも悩んでいる方が少なくありません。

10代20代といった若い女性から50代60代の女性まで、薄毛で悩んでいる方は年齢に関係なく幅広いといわれています。

今回は、女性の薄毛についてお話していきますね。

女性の薄毛と男性の薄毛は原因が違うので気をつけましょう!

「薄毛」と一言で言っても、実はその原因は性別によって違います。

男性の薄毛の場合、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる活性型の男性ホルモンDHTの影響を受けることで、ヘアサイクルが乱れてしまい、薄毛になるパターンが圧倒的だと考えられています。
AGAを発症してしまう原因は、遺伝・男性ホルモン・生活習慣が大きく影響しています。

男性の場合、飲む育毛剤と呼ばれているプロペシア(有効成分:フィナステリド)を服用することで、薄毛の進行を抑制することが可能です。
フィナステリドは、活性型の男性ホルモンDHTの生成を抑制できるので、ヘアサイクルを整え、抜け毛を抑えるというわけです。

一方女性の場合、「びまん性脱毛症」と呼ばれる頭皮全体が薄毛になるのが特徴的です。
男性のように、生え際がM字に後退したり、頭頂部のつむじ周りがツルツルになるのとは症状が違うわけです。

女性の場合、主に女性ホルモンの減少が大きく関係しており、そのほかには、生活習慣が関係しています。

男性の薄毛とは違い、プロペシアを服用することはできません。
特に妊婦やその可能性のある女性は、プロペシアに触れることさえも禁止されているのです。

ではどのように対策するのかというと、基本的には、育毛剤・生活習慣の見直しとなります。

「育毛剤ってなんだかおじさんぽくて嫌だ…」と思うかもしれません。

しかし最近では、抜け毛や薄毛で悩む女性のために開発されている育毛剤も増えてきています。
実際、女性雑誌の多くでは、女性用育毛剤について特集が組まれることが増えてきており、若い世代でもアンチエイジングとして活用されている方が増えているんです。

女性用育毛剤選びは注意が必要!使ってみないとわからない!?

今では薄毛で悩む女性の強い見方になった女性用育毛剤ですが、選び方には十分注意する必要があります。

というのも、育毛剤も化粧品と同じように「合う合わない」が必ずあるからです。
化粧品も、口コミが良かったけど実際に使ってみるとイマイチだった…という経験は誰もがあるはず!

育毛剤も同じように、効果を実感できた人もいれば、そうでない人もいるんですね。

特に育毛剤は、普段何もつけない頭皮に塗布するものですから、しっかりと自分に合うものを選ぶことが大切ですよ。

とはいえ、実際に全ての育毛剤を使って試してみるということは難しいですよね(汗

なので、まずは口コミサイトなどを参考に気になる育毛剤をチェックしてみると良いですね。

私が普段からチェックしているのは、下記の女性用育毛剤を実際に使って比較されているサイトさんです。

>>> 女性用育毛剤おすすめ.net

見てみるとわかるとおり、人気の女性用育毛剤を実際に使ってその使用感や使いやすさ、配合されている成分のよしあしを丁寧にまとめられています。
最近では、大手口コミサイトの口コミは信用できないという方も増えているので、こういった個人で運営されているサイトはチェックしておきたいですね。

女性の薄毛は何もしないのはNG!早めのケアを!

女性の場合、薄毛が気になり始めても「気のせいかも…」と、ついつい気づかないフリをされる方がとても多いのです…。
残念ながら、気のせいかも…と見てみぬふりをしても、髪の毛がある日突然生えてくることはありません。

そのため、気になり始めたらできるだけ早くケアを始めていくことをおすすめします。

女性用育毛剤は、比較的続けやすいお得な値段の商品が多いですし、返金保障に対応しているものも少なくありません。

これは良いかも!?と気になるものがあれば、他の商品を比較して、早めに使っておきたいですね。

M字ハゲに対する対策

男性の薄毛として特有であるM字ハゲ。

見た目にも結構わかりやすく出てしまう男性特有の禿ではありますが、いったいどうしてここまで禿げやすいのでしょうか?

そんなM字ハゲの原因と対策についてちょっと紹介していきたいと思います。

1 なぜ、M字ハゲというのはなりやすいのか?

M字ハゲはどうしてできやすいのか? 実はM字ハゲができやすい部分の構造上の問題があります。

M字ハゲができるおでこを上の方の部分というのは、筋肉の付け根ああ詰まっている部分です。その部分は血管が収縮しやすい部分でありますので、

血流量が必然的に少ないものであり、栄養分がいきにくいという欠点があるのです。

また、この部分というのはシャンプーなどで洗った成分がたまりやすく、汗も出やすい部分でもあります。

そうなれば、髪の毛に汚れが詰まりやすく、抜け毛につながる原因にもなるのです。

そういった環境が整っている部分でありますので、ハゲになりやすい要素がそろっているのです。

2 M字ハゲにはどんな対策を?

M字ハゲにはどんな対策がいいのか?まず、考えられるのが徹底的な生え際のケアです。

先述の通り、汚れがたまりやすい部分でありますので、シャンプーなどの洗い残しがないようにしっかりと洗浄する必要があるといえます。

よくも見込むように洗いこんだのちに、普段よりも時間をかけて洗浄をすることによって、汚れがないようにすることができます。

また、洗い方もやさしくも見込む感じで洗うことによって、毛穴が小さくならないようにするだけでなく、血行が良くなるようにすることで

髪の毛に栄養がしっかりと行くようにできます。

育毛剤を利用するようなケースでしたら、血行を良くする成分を利用すると有効であります。

血行を良くする成分としてはミノキシジルが有効ですので、皮膚などに影響がないのであれば、ミノキシジルを使うのがいいでしょう。

M字ハゲは一度でき始めるとなかなか対処が難しいので、早めに対策しておくといいでしょう。

育毛シャンプーとはどんなシャンプーなのか

最近は育毛シャンプーというのが人気になっていて、育毛対策の一環として多くの方に利用されています。薄毛に悩む方だけではなく、将来的な薄毛に対する予防策としてなど、幅広い層に利用されていますが、この育毛シャンプーというのは普通のシャンプーとはどういう違いがある商品なのでしょうか。

まず、育毛シャンプーはどんなシャンプーを指すのかという点から見ていきますが、そもそも育毛シャンプーの定義というのは明確に定められているものではなく、あくまでメーカー側の自称にしか過ぎないというのが現実です。一般的なシャンプーは、高級アルコール系シャンプーと呼ばれるもので、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムといった洗浄成分が使われています。これらは洗浄力が強く皮脂を強力に落とす一方、頭皮への刺激も強いために毛根へのダメージも大きいと言われています。

対して育毛シャンプーというのは、植物由来のアミノ酸または石鹸成分を洗浄剤としており、これらは洗浄力は弱く皮脂を過剰に落としすぎないものの、頭皮へのダメージは少ないとされています。他のポイントとして、育毛シャンプーには、スキンケア成分というのも配合されていることが多く、頭皮の洗浄と同時にスキンケアも行うことが出来ます。これらのスキンケア成分も天然由来で刺激を抑えたもので構成されています。さらにノンシリコンでパラベンフリーで頭皮への刺激に関しては極限まで抑えたシャンプーとなっています。洗浄力は問わず、洗浄成分や肌への刺激の強さによって育毛シャンプーかそうでないかというのは決められていると言えます。

ここで重要なのが、育毛シャンプーの目的についてです。育毛シャンプーという名称ですと「使うと髪の毛が生える」と勘違いする方も多いのですが、育毛シャンプーには育毛効果のある成分は入っていません。育毛シャンプーの育毛というのは「育毛に必要な頭皮環境を整える」ということなのです。髪を生やすのであれば別途医療機関による治療や育毛剤の使用が必要となるというのは覚えておきましょう。

抜け毛を予防する効果があるフィナステリド

育毛効果が確認され、科学的に認められている成分として有名なのはミノキシジル。これはテレビCMでも含有商品が紹介されているので、知っている方も多いと思います。それ以外にも育毛効果が認められた成分というのがあって、それがフィナステリドという成分です。アメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬で、海外では前立腺肥大症の薬としても使われています。これはミノキシジルとは全く違う薬効を持つ成分で、薄毛に対するアプローチも違う成分となっています。

[フィナステリドの効果]

薄毛というのは様々な要因で発生しますが、中でも多いのは男性ホルモンによる薄毛です。男性ホルモンのテストステロンが、2型5-α還元酵素という酵素によってジヒドロテストステロンに変化し、それが毛穴の受容体と結びつき皮脂を多量に分泌させて毛が抜けるというのが、男性型脱毛症の仕組みなわけですが、その2型5-α還元酵素の働きを抑えてジヒドロテストステロンの生成を阻害するというのが、フィナステリドの効果です。直接的に髪の生成に影響を与えるというものではなく、抜け毛を予防するという効果がある成分です。

[フィナステリドの副作用]

フィナステリドにも当然副作用はあります。主に言われる副作用は、性機能への影響です。性欲減退や勃起不全、射精不全、不妊といったものが起こる可能性があります。国内臨床試験ではプロペシア1mgを服用した際に、1%~5%の患者に性欲減退が見られ、1%未満の方に勃起不全や射精障害の他、精液量減少といった症状が見られた記録があります。他にも、抑鬱症状や目眩、蕁麻疹といった精神的・肉体的な症状も見られるということです。

ミノキシジルとは作用が全く違うものですから、現在の薄毛治療においてはミノキシジルとこのフィナステリドの併用というのが主流になっています。日本では医師の診療でのみ処方される薬品となっています。ミノキシジルと同じく海外製を個人輸入が可能ですが、やはり自己責任となりますので利用には注意すべきでしょう。

規則正しい生活を送ることによる育毛

育毛をしようと考える際には、規則正しい生活を強く意識して過ごすことが重要であると考えられています。睡眠や食事など、複数の側面を総合的に考えていくことによって、毛髪が育ちやすい環境が着実に整えられていくのではないかとみられています。幅広い年代の人たちが、このような育毛の方法を模索するようになりつつあり、実践する例が多くなっていると言えるのではないでしょうか。日頃の生活習慣を整えながら、育毛が加速する可能性を高めることに関しては、多くの医療の専門家からも肯定的な意見が寄せられています。

従来に比べても、育毛剤などを使用することと同時に規則正しい生活を送っていくことが、育毛の際には大事なポイントのひとつとして挙げられるようになってきています。そのため、少しずつ生活習慣が乱れがちな人は整えていくことを意識し、頭皮が休息をとりやすいようにしていくことが望ましいのではないかと推測されています。特に睡眠時間をしっかりととっていくことが、毛髪の成長を促進することに直結していくと考えられるようになってきており、積極的な休息を心掛ける人も多くなっているのではないかと思います。髪の毛が丈夫に育ち、薄毛が少しずつ改善されることにも、こうした生活習慣の整備は作用していくのではないかと考えられるようになり、多方面で話題に挙げられているのではないかとみられています。

今後も、日頃の生活習慣を整えていきながら、育毛に繋げようとする人が多くなっていくのではないかと予測されています。このような育毛の取り組みは体にダメージをほとんど与えることなく実行できると認識されていることから、積極的に実践する人も着実に多くなるのではないかと見込まれています。慢性的に薄毛の症状に悩む人々からも、このような育毛をサポートする生活習慣を構築していく取り組みが実践されていくでしょう。また、育毛の効果を増幅させることにも、こうした取り組みが直結するのではないかと思います。

タバコを吸い過ぎるとなぜ抜け毛が増えるか

タバコを吸うと抜け毛が増えると言われています。

月に1本や2本なら問題ないでしょうが、よくタバコを吸う人ほど抜け毛の原因に繋がりやすいので注意が必要です。

なぜタバコが髪の毛に良くないのかその理由はニコチンです。

タバコには依存性のあるニコチンが含まれているのは良く知られていますが、血管を収縮させる作用があると言われています。

血管が収縮すると血液の流れが悪くなります。

毛乳頭から栄養と酸素が供給され毛母細胞が活発に細胞分裂することで髪の毛は伸びていきます。

毛乳頭は頭皮下にある毛細血管に流れる血液から栄養と酸素の供給を受けています。

ニコチンにより頭皮下にある毛細血管が収縮し血液の流れが悪くなると毛乳頭や毛母細胞に必要な栄養と酸素が足りなくなってしまいます。

これが原因で髪の毛が上手く伸びなくなります。

髪の毛には成長期と退行期と休止期を繰り返す毛周期があります。

タバコを吸い過ぎると十分に成長する前に退行期や休止期が来て抜けてしまうようになります。

特にヘビースモーカーの方は手足が冷えやすい症状がよく見られます。

心当たりがある方は多いでしょうが、血管が収縮すると手足が冷えやすくなります。

こういった症状が見られる人は頭皮下の毛細血管の収縮している可能性が高く、抜け毛が多くなりやすいのでなるべく禁煙したほうが良いです。

ヘビースモーカーの方は中々ニコチンを絶つのは難しいでしょうが、抜け毛が増えて禿げ上がってしまうよりはマシです。

しかし禁煙によりストレスを溜め込み過ぎても抜け毛が増えやすくなってしまいます。

それはストレスによって交感神経が優位になると血管が収縮しやすくなるからです。

いきなり何も吸わない禁煙を行うとストレスが溜まりやすいので、少しずつ本数を減らし最終的にはゼロを目指したほうが髪の毛には良い結果に繋がりやすいです。

完全にタバコを止めることができればニコチンによる抜け毛も禁煙ストレスによる抜け毛も無くなります。

AGAを予防するには根本原因から対策を行う

AGA男性型脱毛症は前頭部や頭頂部から軟毛化していくと言った症状が見られます。

人によっては前頭部から始まり頭頂部へ繋がってしまうことがありますので早めに予防したいところです。

しかしAGAの根本原因から対策を行わないと意味が無いです。

それにはまずはAGAの原因から知ることから始めます。

AGAは男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換することで発症します。

ジヒドロテストステロンは毛周期の成長期を短くする働きがあり軟毛化させている原因になっています。

この変換に密接な関係があるのが5αリダクターゼⅡ型という還元酵素です。

5αリダクターゼⅡ型は前頭部や頭頂部にある毛乳頭細胞に見られます。

つまり5αリダクターゼⅡ型の作用を抑えればAGAの根本原因から予防できるわけです。

この5αリダクターゼⅡ型の作用を阻害する効果がある医薬品があります。

それはプロペシアと言う医薬品で世界で多くのAGA患者さんに脱毛予防の効果が認められています。

脱毛予防のために使用されている医薬品であるものの、多くのAGA患者さんに発毛まで見られています。

MSD社から正規品のプロペシアが国内で販売されており、病院やクリニックで処方が受けられます。

プロペシアは毎日1回服用すると3か月から6か月ほどで効果が出てきます。

価格は1錠あたり250円が相場で1か月あたりで計算すると7500円も掛かってしまいます。

まだ特許が切れていないのですがMSD社のプロペシアより2割ほど安いジェネリック医薬品が登場してきました。

世界的に有名なファイザー社のフィナステリド錠なのでジェネリック医薬品には一抹の不安がある方でも安心して服用ができます。

今までMSD社のプロペシアを使用していた方やこれからAGA治療を受けたい方から、価格の安いファイザー社のフィナステリド錠への人気が高まることが予想されています。

病院やクリニックによって価格が異なりますので事前にホームページなどで確認して下さい。

育毛成分ミノキシジルの有用性と危険性

育毛をする際、育毛剤を利用しているという方は多いかと思います。育毛剤に使われている成分は様々ですが、確かに効果があるものとして知られている成分の一つにミノキシジルという成分があります。日本でも有名なアメリカのファイザーという会社が開発した成分で、血管拡張効果があるため高血圧の薬として利用されていましたが、後の研究によって育毛効果があると認められてからは、育毛の分野でも利用されるようになりました。では、そのミノキシジルにはどのような効果があって、どのような危険性があるのでしょうか。

[ミノキシジルが作用する理由]

ミノキシジルの育毛効果は、「血流増加」と「毛母細胞の活性化」という2つの要素が関係していると言われています。ミノキシジルは血管拡張剤ということで血流を増加させる効果があるのですが、毛髪は血液によって運ばれた栄養を元に成長していきます。血流が増加することによって、毛母細胞へと送られる血液量は増加し、それに伴い栄養も多く送られることになって毛が生えるというわけです。さらに、最近の研究で、毛母細胞の死滅を防いだり、毛乳頭細胞からの血管内皮細胞増殖因子というものを増やす働きがあるということがわかっています。これは毛細血管の増殖に関係するもので、より多くの血液が毛母細胞へ送られる環境作りがされるということです。

[ミノキシジルの副作用]

ミノキシジルに副作用があるのは有名な話で、一番の影響は血管拡張作用によって起こる低血圧。血量は変わらずに血管が広くなるわけですから血圧が下がるのは当然で、これによって脳への血流量が減って眠気や倦怠感を覚えることもあります。内服薬という形でミノキシジルを摂取している場合、髪以外の毛が濃くなる多毛症が現れることもあります。他にも、皮膚の血管も拡張してしまうので、肌が活性化して皮脂などの分泌が多くなり、にきびや肌荒れといった肌トラブルにつながる可能性も否めません。

育毛という面で見れば、ミノキシジルの効果は確たるものですが、それと同時にリスクというのもあります。利用する際には十分その事を認識して利用するべきでしょう。

昆布で本当にフサフサになれるのか?

海外では時々、「アジア人はなぜ、そんなに髪が黒くてフサフサしているのだ?」と中年男性に尋ねられます。

私の答えはいつも「私たちは昆布を沢山食べているからだ。ほら、見た目的にも髪に効きそうだろう?}というものです。

でも、最近「本当に薄毛の白人おじさん達を納得させるほどの育毛効果が昆布にあるのか?」と疑問を持ち始めました。

そこで調べた結果をご紹介します!

「食べる昆布」

当たり前かも知れませんが、昆布は基本的に食べ物。

「食べてすぐにフサフサ」という効果は残念ながらありませんが、確かに育毛に良い成分は沢山含まれています。

特に北海道産の「日高昆布」は質がよく、ミネラルもたっぷり。

また、カルシウムやヨウ素といった、肌・爪・髪に必要な成分の吸収率もバッチリです。

更に、昆布のヌメヌメした成分は、体内の有害物質や、余分にとってしまった糖・脂肪などの吸収を妨げて、体外へ排出する役割を果たします。

昆布には代謝を促進して血行を良くしてくれる働きもあり、皮膚の保湿もしてくれます。

遺伝や男性型脱毛症などの原因以外での薄毛は、ミネラル不足、血行の悪さ、頭皮の乾燥などが原因になっていることが多々。

こういった原因の対策をしっかりしてくれるのが、昆布なのです。

特に、ミネラルは体内で生産されないので毎日の昆布で補いたいですね。

「育毛剤に含まれる昆布成分」

これは、育毛剤「チャップアップ」で使われていることで有名ですね。

この製品では、北海道産ミツイシ昆布の「m-034」が育毛効果を発揮します。

育毛剤でおなじみのミノキシジルと同様の効果があり、その上天然成分だから副作用の心配もなし、と嬉しいこと尽くし。

やはり昆布は「見た目」だけではなく、育毛効果を望む人達にとって強力な味方であるようです。

「最後に」

アジア人のフサフサ黒髪をうらやむ、おじさん達の話に戻りますが、彼らの薄毛に多いのは男性型脱毛症。

彼らの薄毛には昆布を食べるだけでは不十分だという結論になります。

20代でも、あきらめて丸坊主にしている人も珍しくない海外では、「薄毛だ」と自分で思っている日本人の髪でも「フサフサ」。

回復の希望も彼らに比べればかなり大きいことに。

昆布を取り入れた生活で育毛、がんばりましょう!

高い育毛効果を発揮する育毛シャンプー

育毛シャンプーは、多くの場合高い育毛効果を発揮するものとして考えられています。

継続的にシャンプーを用いて頭皮や毛髪を洗っていくことにより、毛髪の生育するスピードが早くなったり、頭皮の環境が整えられたりするようになるとみられています。そのような傾向が育毛効果の増大に繋がるとされており、積極的に薄毛に悩む人などから使用されているのではないかと思います。

かつてに比べても複数の種類の育毛シャンプーが確立されるようになり、自らの頭皮などの状態に合わせて選択できるようにもなりつつあります。そのため、育毛の効果を一層強く期待できるようになり始めていると言えるのではないでしょうか。
薄毛の症状の改善を目的として、このような育毛シャンプーを活用する人は、非常に高い割合で存在していると推測されています。実際にそのような効果を体感する人も徐々に多く存在するようになっているとみられており、大きく注目される契機となっているのではないかと考えられています。

育毛シャンプーを効果的に活用していく方法についても、最近では模索されるようになってきており、育毛効果を更に大きなものとすることも見込まれるようになっていると言えるでしょう。薄毛に悩む人から、このようなタイプのシャンプーを活用したいと希望する意見が増えることとも関連があるのではないかとみられています。

育毛シャンプーに対して期待することのできる育毛効果は、更に大きなものとなっていくのではないかと見込まれています。長年にわたり薄毛に悩む人などからも、こうしたアイテムの継続的な使用が本格的に考えられるようにもなるとみられています。

新たな育毛シャンプーの開発にも力が入れられるようになり、製品自体の進歩についても期待が抱かれるようになるでしょう。そのため、多岐にわたる方面から育毛シャンプーがクローズアップされるようになり、更に高い頻度で利用されるのではないでしょうか。